モリオン=黒水晶【パワーストーン専門家監修】効果・ブレス・体験談|2018年版 

古くから「魔除けの石」とも言われているモリオン(黒水晶)、本物のモリオンはとても貴重でなかなか手に入らないことをご存知でしたか?
モリオンの意味・効果・体験談・浄化方法そして本物のモリオンについてご紹介いたします。
悪霊払い、邪気払いや魔除けにはモリオンが効果的です。
モリオンの意味・効果を調べて、自分にあったパワーストーンを身に着けましょう。

モリオン・黒水晶(Morion)

英名 Morion
和名 黒水晶・くろすいしょう
成分 SiO2
結晶系 六方晶系(三方晶系)
硬度 7
比重 2.65
屈折率 1.54~1.55
黒色
産地 ブラジル、アメリカ、南アフリカ共和国、スコットランド、スイス、ドイツ、イギリス、エジプト、タンザニア、スリランカ、アフガニスタン、マダガスカル、スペイン、オーストラリア、中国、日本、北朝鮮

モリオン(黒水晶)浄化方法

モリオンは浄化作用を持つ強いストーンとして知られております。そのため基本的に浄化は必要ないですが、クラスター、セージ、月光などの浄化がオススメです。

太陽 月光 セージ 水晶

パワーストーン・天然石の浄化方法【まとめ10選】はこちら

モリオン(黒水晶)の体験談【イイ話】

これは小さいころから霊障が激しくて 辛い日々を送っている、ある友人の実話です。
今から20年ほど前のお話―。

ある日、彼は職場から近い所に部屋を借りることにしたそうです。

そこは東京都江東区冬木町というところで 、そこそこ広いマンションでした。
一人暮らしは寂しいし、動物が好きだったので、 2匹の犬と、5匹の猫を飼っていたそうです。

Fotolia_78904178_XS_copyright

モリオンの体験談について続きを読む

ところが、引っ越して間もなく、すぐに彼は異変に気づきました。
沢山眠ったはずなのに、朝になると、もの凄い疲労感に襲われたのです。

それは毎朝続き、ある日、大切に育てていた猫が突然亡くなりました。

彼は驚いて、すぐに病院に連れて行ったそうなのですが手遅れでした。
診断は「心臓に穴があいているようだ」ということでした。

彼は昔から動物が好きだったので、今までに経験したことがない状況にとても戸惑いました。

そして間もなく・・・
今度は雌犬が死んでしまいます。
しばらくすると、今度はもう一匹の雄犬が しきりに壁に向かって吠えるのでした。

この間、わずか一ヶ月でした。

次に自身も別の症状に襲われます。

今度は眠れないのです。
10分毎に目覚めてしまって ついには寝不足で仕事にも支障が出てきました。

不安になった彼は、知り合いの青森のイタコの方を頼りました。

しかし、あいにく他の用事で来れないということで 東京のお坊さんを紹介されました。
家に入ってすぐ、お坊さんはお祓いをしてくださったそうで その後「眠れないのか?」と言って、黒い石を渡してくれたそうです。

その黒い石は握ると良く眠れて 安心できる不思議な石でした。
やっと安心できたものの、今度は仕事の都合で、その部屋を出なければならなくなってしまったそうです。

「せっかく高いお金を出して借りたのに…」   そう思っていたところ、彼の友人2人が名乗りをあげたそうです。

「僕とA君も部屋を借りたかったんだ。僕ら住んでもいいかな?」   自分以外なら、とくに問題もないだろうと思い、彼は快く部屋を貸してあげることにしました。

ところが…。

部屋を貸して間もなく、友人の1人の胃に穴が空いて緊急入院してしまい 残された友人にも異変が表れ始めます。
久しぶりに部屋に残った友人を尋ねると、沢山の強い薬をのむようになっていて 頬がこけ、目がくぼんで、体に女性の髪の毛がからみついていたのでした。

Fotolia_60746719_XS_copyright

「おい。どうしたんだっ!なんだってそんな顔をしているんだ? 部屋からまったく出てないそうじゃないか。 それに、なんだそれ? お前誰とも付き合ってないだろう。 なんでそんな長い髪の毛が体に絡んでるんだ。 おい、大丈夫か?!」

そういう彼の声は、友人にまったく聞こえていないようでした。

日に日にやつれてゆく友人を見て、もう、こうしてはいられないと 以前に断られた青森のイタコを呼ぶことにしました。

今度はすぐに駆けつけたイタコでしたが 部屋に入るなり、すぐにお経を唱え始めました。
すると、友人の背後から白い煙がぶわっと吹き出したそうです。
そしてこう言われました。

「ここはもうだめだ。私の力でも太刀打ちできない。 すぐにここを去りなさい…」

そしてようやく、そこを引き払ったのだそうです。

その後、彼はまた新しい部屋を借りたのですが そこでも眠れない日々が続きました。

次に借りた部屋も、その次も…。

どこに行っても霊障は続き、毎日、毎日金縛りにあって、怖くてどうしようもなかったそうです。
しかし、あの時、お坊さんからもらった不思議な石は無くしてしまったそうで、 すでにあの出来事から15年以上が経過していました。

~~~~~~~~

そんなことも、すっかり思い出になっていたある日、 何気なく石を見ていたところ   「これだ!」というものを目にし、あの黒い石を思い出したそうです。

それは黒いビーズのブレスレットで、持つと焼けるように熱く、 信じられないくらい重く感じられる石でした。

あの時―。

お坊さんがくれたお守りは「モリオン(黒水晶)」だったのでした。

『そうだ、これだ!これだったんだ』   彼はすぐにその黒水晶を購入し着けることにしました。
すると、今までの金縛りや霊障がなくなり ぐっすりと眠れるようになったそうです。

『モリオン(黒水晶)はなんてすごい石なんだ。これは本当にお守りだ…』
それまで石に縁もなく、特に気にも留めなかったそうですが これほどのものだったとはと、感激したそうです。

そんな友人が手放せないモリオン(黒水晶)について下記でさらに詳しくご紹介します。

モリオン(黒水晶)の意味

モリオンは、主に花崗岩ペグマタイトの空洞内で形成されます。Granite SlideGranite Slide / jparise

本来は黒褐色の水晶は「ケアンゴーム・Cairngorm」と呼んばれていました。
真っ黒な水晶のモリオンをもっとも愛好したのはスコットランド人です。

彼らはCairngorm山脈の花崗岩の風化した堆積層の中に発見される黒っぽい水晶をカットして、スコットランドから産出されたアゲートと共に宝飾に多用しました。
そのため、鑑別でも黒い水晶をケアンゴームとして出している機関がございます。

そして彼らはモリオンの中から黄灰色がかって明るく見える特別なものを「スモーキークォーツ(Smoky quartz)」という名前で呼び分けました。

モリオンの意味にもっと詳しく読む

「スモーキークォーツ(Smoky quartz)」

産地一帯に点在している品洞の中には、特に黒い水晶を産する場所があって、それを特別に「モリオン(Morton)」という名前で呼びました。
その名前は、黒人を意味するスペイン語の”Moros”に語源をもちます。

スコットランド産の黒い色をした水晶の中から、より明るいものと特別に真っ黒なものを、良質のグレードとして選り分けたのです。

このようなことから、識別では「スモーキー・クォーツ」は、黒さを感じず褐色で黄色っぼさを感じるもの、「ケアンゴーム」は褐色から黒褐色で光を通して茶色に見えるもの、「モリオン(黒水晶)」は完全に光を通さない真っ黒なものとなっています。

モリオン(黒水晶)とは?

モリオン(黒水晶)の体験談で友人が手にした黒水晶は、いわゆるモリオンの原石から削りだしたものではなく、くすんだ水晶を茶色くして→黄色く変化させ→その後黒くさせた処理石です。

本当のモリオン(黒水晶)の原石から削って作ったものというのは なかなか存在していません。
また、それを調べることもできません。

おそらく現在流通している 黒水晶=モリオンのビーズの多くは処理した普通の水晶ではないかと思います。
では、モリオン(黒水晶)とは何でしょうか?

モリオンとは?についてもっと詳しく読む

もとは水晶です。

 

モリオン(黒水晶)ですので、水晶なのですが、その中にアルミニウムイオンが存在していた場合、地中で天然の放射線を受けると色が生まれます。

水晶はもとは無色ですが、自然のものですから水晶の中に色々な成分も混じります。
その中にアルミニウムイオンが混じり合った水晶があったとして、何もしなければそれは無色のままです。
ところが、そういう成分を持っている水晶が、何かの影響を受けますとその成分が色になってあらわれるのです。

黒くなるには、アルミニウムイオン+放射線が必要です。
例えば温泉にはラジウム温泉がありますが、あれも天然の放射線です。
ああいった環境にそんな水晶があれば、茶色や黒になってしまうのでした。

しかし、全部の水晶が放射線の近くに育つわけではありません。
近くに放射線が無い水晶は無色のままですから、それなら人工的に放射線をあててやれば黒くなるわけです。
これが処理をしたモリオン(黒水晶)の仕組みです。

モリオン(黒水晶)の原石クラスター

こちらは本物のナチュラルモリオン(黒水晶)の原石です。

悪霊払い、邪気払いや魔除けには確かにモリオンが効果的です。
当店も色々な石を見てきましたが、最強に近いと思われるのが黒水晶(モリオン)です。
こちらでは、大変貴重な元祖モリオン(黒水晶)のブラジル産から、貴重なフィンランド産のモリオン(黒水晶)まで世界各国のモリオン(黒水晶)をご紹介してまいります。

産地別のモリオン原石クラスターについてもっと詳しく読む

産地別のモリオン(黒水晶)原石クラスター

ブラジル産モリオン(黒水晶)

モリオンの元祖はブラジル産です。
スコットランド産のものよりも、商業的に量が豊富に採れたためだと思いますが、一躍世の中に広まったのはブラジル産のほうだと思います。

しかし、ブラジル産のモリオンのクラスターは1980年代から枯渇しておりまして随分前から採掘が困難になっています。
本物のモリオンで何も処理を加えていないと断言できる産地はブラジル産とフィンランド産になります。

この2つの産地のものは薄い濃いに関わらず天然であることが多い産地のものになります。
また、アルプスでも産出します。
モリオンのクラスターが主に採れる地域はブラジルのバイーヤと、ミナスジェライス州のアラスアイになります。  

今流通しているブラジル産のモリオンのクラスターは古いオールドストックか、わずかに採れたものだけです。
まったく0ということは無いようなのですが、本当に稀で、かなり見て回る必要があります。

ブラジル産のモリオンの多くは、柱面がないソロバン型のベータクォーツなのですが、時にこういった整ったものも見られます。
ブラジル産のモリオンのクラスターは、黒水晶としては良質で、かなり光が通りにくいです。
品質の良いものはテリもあり、今となっては幻のモリオンです。  

この石はバリアが張られたように自分を包み込んでくれるのですが、同時に鎧を着ているように感じられます。
がっしりとした魔除けの力は、部屋に置けば部屋全体を浄化&パワーアップし、半径1m以内なら霊障も防げるほどです。
そして驚くべきことに、モリオンを置いた部屋の石は活性化してゆくのでした。
これはご神体にしてもよいと思える力でした。  

ロシア・ウラル産モリオン(黒水晶)

こちらはウラル産のモリオンです。

モリオンのブレスレット

もともと、ロシアウラル産のクリスタルは有名ですが、こちらは珍しい天然色ということでした。

このウラル産のモリオンは、真っ黒ではなく先端が ややファントム状に透明感がございまして 鑑別ではスモーキ―クォーツになってしまうと思いますが 何よりも、大変美しいために心が打たれたものでした。  

 

フィンランド産モリオン(黒水晶)

こちらはフィンランド産モリオンから削り出した 本物のナチュラルの勾玉です。
照射処理をしていないため自然の黒さになります♪

とてもリクエストが多かったので製作いたしました。
もとはこういった原石から削り出したものです。
このフィンランド産のモリオンは、このように鉄がかぶっていることが多く、中の様子がわかりません。
そのため、削ってみないと分からないのですが、このタイプはこれが味わいですので、整った結晶なら、このまま観賞します。

中国産モリオン(黒水晶)

中国産のモリオンです。
今はこちらが一番取扱が難しくなっています。

中国産のモリオンは、様々な産地で紹介されるのですが、当店はもう中国産のモリオンは天然色はそうそう無いと思っています。

おそらく処理をしていると思いますが、今はそれが主流のようですので、一応処理石かもしれないと念頭におかれてお求めになられることをおすすめします。   

それでも、矛盾するようなのですが、試してみたところ処理のモリオンでも十分に強い魔除けのちからがあります。
天然色のものは強いものが多いですが、お選びすれば処理石も強いものがございます 。

モリオン(黒水晶)ブレスレット

最近特に売れ続けておりますモリオン(黒水晶)の本物ブレスレットです♪

モリオンにつきましては冒頭で色々なお話をさせていただいたのですが、この石は不思議なことに処理石であっても魔除けの力が強いものです。
具体的には普段ここは近づきたくないという場所に行く時や、大きな病院に行く時、または、雨の日の墓地や、お葬式等に身に付けられると良いと思います。

数があまりないのですが、14mmも入荷しました♪

モリオン(黒水晶)の浄化用さざれ

モリオンさざれ

そしてこちらのモリオンのさざれも初入荷いたしました♪
モリオンのさざれは比較的珍しく、なかなか良品がないのですが、こちらはとても黒々としていて良いものでした。
今回は500gでのご紹介なのですが、2,600円でご案内をさせていただきたいと思います♪

モリオン(黒水晶)の相性組み合わせ

モリオン×オニキス

潜在的なな問題を顕在化し
人生の方向づけや魂の目的に近づけさせる

モリオンとオニキスの組み合わせは
邪気を祓う作用の強い組み合わせです。価値観を協調し家庭円満へと導きます。

モリオン×シトリン

困難や恐れを克服し
はつらつさと豊かな人間関係をもたらす

モリオンとシトリンの組み合わせは
仕事運と財運を高め自信と勇気を与える組み合わせです。特に男性にオススメの組み合わせです。

シトリン【意味・効果まとめ】鉱物図鑑2018年版 |パワーストーン・天然石

モリオン×スモーキークォーツ

誤った流れを正し
現実的な解決策やチャンスをもたらす

モリオンとスモーキークォーツの組み合わせは
邪気を祓い心身を調和させる組み合わせです。恐怖や不安を克服します。

モリオン(黒水晶)の商品

モリオン(黒水晶)は成長過程において含まれる微量のアルミニウムが放射性鉱物などの影響を受けると褐色から黒色に発色します。
産出地も限られ、流通量が非常に少ないことからモリオン(黒水晶)は「幻の水晶」と呼ばれ、高い価値を持っています。
このため、無色のクォーツに人工的処理を加え黒く発色させたモリオン(黒水晶)ものが多く流通していましたが、近年、アジアで比較的大きな鉱床が発見され、天然モリオン(黒水晶)の流通も増えています。

モリオン(黒水晶)は高い浄化力と、負のエネルギーを吸収し消し去るパワーは、数あるパワーストーンの中でも別格と言われ、風水発祥の地·中国では魔を消し、邪気を祓う石として、気を整える強力な力が支持されています。
モリオン(黒水晶)をお部屋の四隅や水回りなど、気の流れが滞りやすい場所に配置すると気を浄化し、流れやすくすると同時に外部からの邪気を祓います。
運気を高める石とも言われますが、幸運を呼び込むというのではなく、悪い感情や誘惑などから守る方が多いです。

▼モリオン(黒水晶)商品はこちら

モリオンに興味がある人は
こんなストーンにも興味があります。

ラリマーの詳しい説明や浄化方法・意味・効果はこちらの記事をご覧ください。

ラリマー【パワーストーン専門家が教える】意味・効果・浄化方法・相性|2018年版

スギライトの詳しい説明や浄化方法・意味・効果はこちらの記事をご覧ください。

スギライト【意味・効果・浄化方法・相性】2018年版 |パワーストーン・天然石

アメジストの詳しい説明や浄化方法・意味・効果はこちらの記事をご覧ください。

アメジスト【パワーストーン専門家が教える】意味・効果・浄化方法・相性|2018年版

シトリンの詳しい説明や浄化方法・意味・効果はこちらの記事をご覧ください。

シトリン【意味・効果まとめ】鉱物図鑑2018年版 |パワーストーン・天然石

オブシディアンの詳しい説明や浄化方法・意味・効果はこちらの記事をご覧ください。

オブシディアン【内面を映し出す鏡】意味・効果・浄化方法(7つのまとめ)鉱物図鑑

最初のコメントをしよう

必須