スギライト【意味・効果・浄化方法・相性】2018年版 |パワーストーン・天然石


スギライトは神聖さを象徴する紫色にふさわしい、すぐれた癒しのパワーを持つ石です。
スギライトの意味・効果・浄化方法・相性の良い組み合わせをご紹介いたします。
スギライト、チャロアイト、ラリマーは3大ヒーリングストーンで20世紀に発見された鉱物のなかでも、無類のヒーリングパワーがあるといわれています。
スギライトの意味・効果を調べて、自分にあったパワーストーンを身に着けましょう。

スギライト(Sugilite)

英名 Sugilite
和名 杉石·すぎいし
成分 SiO2
結晶系 六方晶系(三方晶系)
硬度 7
比重 2.65
屈折率 1.54~1.55
紫色(結晶により濃淡)、褐色、灰色がかったものもある
産地 南アフリカ共和国、イタリア、オーストラリア、カナダ、インド、日本

 

スギライト浄化

気高い石ですので、水晶、ホワイトセージ、チューナーなど、複数の浄化方法を組み合わせて浄化してあげると良いでしょう。

太陽 月光 セージ 水晶
×

 

スギライト石言葉

癒し
気づき
パワー
守護

「浄化」「そして献身」「癒し」「守護」「順応」「ヒーリング」
スギライトは神聖さを象徴する紫色にふさわしい、すぐれた癒しのパワーを持つ石です。20世紀に発見された鉱物のなかでも、無類のヒーリングパワーがあるといわれています。霊性やヒーリングバワーの向上にすぐれ、悪霊や邪悪なものから守ってくれます。また、ストレスの解放や心傷の癒しに、高い効果を発揮します。さらに細胞を活性化させ、自然治療力を活性化させたり、ハートのなかにある叡智を引きだし、芸術性や創造性を高めてくれるでしょう。

 

スギライト意味

スギライトという名前を聞くと誰もが濃い紫色の石を思い起こす人も多いと思いますが
紫色のスギライトは本来スギライトではなく、マンガン(Mn)を含む変種スギライトです。

本来のスギライトは、1944年に瀬戸内海の愛媛県の岩城島に分布している
「エジリン閃長岩」の中に発見された数mm程度の微小な淡い黄褐色の結晶です。

Geiyo islands #16
Geiyo islands #16 / tsuda

スギライトに最初に気づいたのは九州大学の杉健一博士と久綱正典氏です。
しかし当初(1944年)は「ユーディアライト」の様な鉱物として発表され、その後「イワキライトIwakilite(岩城石)」と呼んばれていました。

それが新しい鉱物として研究され、認定されたのは1976年になってからの研究によるもので、発見者の杉健一博士に因んで命名されました。
最初の発見から、じつに32年が経っていました。

今宝石の市場にある紫色のスギライトは正確には「マンガン・スギライト(Mangano-sugilite)」と呼ばれるもので、マンガン・スギライトは、1980年に南アフリカのカラハリ砂漠にあるウイーセル鉱山のマンガン鉱床の中から発見されたものです。

しかし驚く事は、日本と南アフリカの産出量の違いです。
日本では数ミリ程度の標本しか産出されませんが、アフリカではトンの単位で採掘されています。

アフリカのスギライトは、黒色の「ブラウン鉱」や「水マンガン鉱」からなる層の間に紫色のバンド状(帯状)になって採掘されます。
日本のものとは全く違う色合いをしています。
両者が同じ鉱物だとは到底信じられません。

アフリカ産のスギライトが紫なのはマンガンを副成分として多く含んでいる為で、命名者の村上教授は
紫色のスギライトを見て大変に驚いたといわれております。

美しい紫色の色合いから、発見後アメリカで人気が高まり、その加工品が日本にも輸入されました。
しかしその時にアメリカの業者は、「スジライト」と発音するので、この宝石の名前が日本人の杉健一博士の「杉」に由来しているとはまったく気付かなかったそうです。

 

スギライト効果

スギライトの古来から伝わるパワー

スギライトは人生の暗闇に愛と光の天使を呼び寄せるストーンです。
希望の光を示し、真実の道を照らし出します。

illuminate the darkness
illuminate the darkness / darkday.

1944年、発見者である鉱物学者の杉健一博士の名前にちなんでスギライトと名づけられましたが、
南アフリカではもっと昔から知られていたようです。
愛を大きく育てるこの石は無条件の愛の光を宝冠のチヤクラから体に注ぎ、基底のチャクラに伝えます。

スギライトを持って瞑想すると、“私はなぜここにいるのか”“この世に生まれてきた目的は何なのか”
“私は誰なのか”といった人生の大きな問いに対する答えが見つかります。
また、過去世に関係する不調を慈愛と赦しの心で解消するのに有効です。

Michael defeats Satan 06
Michael defeats Satan 06 / Waiting For The Word

スギライトは偉大な守護天使で戦士である大天使ミカエルに関連づけられます。

 

スギライトの変容のパワー

過去のつらい出来事を忘れ前向きに歩んでいくことができるよう支えます。
また、周囲の環境にどうしても馴染めない人には、今の環境が自分にとっての当面の学びの場であることに気づかせます。
スギライトは自己愛を高め、すべてはうまくいっているという意識を植え付けます。
また、地球の波動になかなか適応できないライト・ワーカーを支援します。
さらに、高次の自己中高次の是的存在が転生した魂に愛情を注ぐよう取り計らいます。
地上のマイナスの波動によって絶望感を味わったり意気消沈した人の心に、不屈の精神を呼びさまします。

 

スギライト・3大ヒーリングストーン

スギライトは日本で最初に発見された紫色の美しい石です。

石に含まれるマンガンが紫色の要素です。
ラベンダー色から濃い紫色がー般的ですが、赤紫色やピンク色、うぐいす色のものも産出されます。
もとは日本でのみ産出されていましたが、その後、南アフリカの鉱山でも発見され、現在流通してい
るのは、南アフリカ産のものがほとんどです。
アメリカで人気を博し、現在では三大ヒーリングストーンのひとつとされています。

 

3大ヒーリングストーン・ラリマー


3大ヒーリングストーンの1つラリマーはカリブ海に浮かぶ島国ドミニカ共和国で、20世紀になって発見された、海の水色をイメージさせる石です。ナトリウムとカルシウムを主成分とするペクトライトの一種で、そのなかでも青色の石を「ラリマー」と呼びます。鉱物名はブルーペクトライトといい、通称で「アトランティスストーン」や「ドルフィンストーン」と呼ばれることもあります。愛情に満ちた関係性を深めるようサポートをして、人間関係を円滑にします。避けてはとおれない変化や、それをとおり過ぎるときにともなう苦痛や困雖を軽減し、前進する力を与えてくれます。とても高い波動を持つ石で、その調和の波動は、広い心と愛情あるやさしさをはぐくみ、平穏をもたらすといわれています。自分自身を好きになりたいときや、新しい環境に飛び込むとき、平和なやすらぎが欲しいとき、卑屈な態度を改めたいときにも力を貸してくれます。

3大ヒーリングストーン・チャロアイト

チャロアイトは3大ヒーリングストーンの1つで精神と感情のバランスを整え抑制された感情を解放します。
高い波動を持ち、恐怖心を取り除き現実と向き合わせ、高次元ヘの意識の気づきをもたらします。精神と感情のバランスをとり、心を解放するような効果があります。また、目の前で起こる出来事は、ありのままに受け入れることが大切だということに気づかせてもくれます。内に秘めた大胆な二面を引きだすパワーもあるので、転居、転職、環境の変化など、人生の大きな転機のときに、力を借りるとよいでしょう。

 

スギライトの値段

今かなり価格が高騰していて良品がどこにも無かったのが3大ヒーリングストーンの1つスギライトです。

少しでも綺麗なら、かなりの金額で取引がされておりまして美しいものは、ほとんど見かけることがありませんでした。
現在の価格は今までの3倍~5倍程度になっていますので良品をお持ちならそちらは今とんでもない金額です。

この、スギライトの独特のとろっとした質感はとてもすばらしいもので、いつまでも見ていたいと思わせる風合いです♪

スギライトは近年、急激に人気がでてきた石です。

1944年、岩石学者だった杉健一氏が発見し、
その名前にちなんで、弟子の村上氏が名づけました。

パワーストーンのヒーリング効果は、欧米諸国で絶賛された時期もあります。


スギライトは、質が高くなり透明感が増すとカルセドニーの含有率が高くなります。

すると「スギライト・カルセドニー」となります。
これは高ランクのスギライトに多くみられます。

逆に黒っぽいものや濃い色合いで透明感が無いものは、
マンガンスギライトとなることが多く、ブルーがかったものはペクトライトが混入しています。

スギライトはその日によって色合いが変化し、朝と昼、夜でも色合いが変わるため、撮影が困難です。
朝の赤紫が、夕方~夜になって、濃い青紫へと変化し、時に淡く、時に濃く見える風合いは、心をつかんで離しません。

 

ブルースギライトのブレスレット

激レアのブルースギライトブレスレットです。

ブルースギライトは鉱物名をリヒテライトと申しまして、こちらも鑑別でリヒテライトとしてあがっております。
ブルースギライトは青色が鮮やかなほど高価で、こういった明るい青は最高品質です。

ブルースギライトのブレスレット

このランクは色が明るいためにビーズにすると、混じり合う赤茶色の部分が目立ちます。

この赤茶色の部分はだいたいどのブルースギライトにも混じり合うものなのですが

暗い青色ですと目立ちません。

ブルースギライトのブレスレット

こちらのブレスレットは赤土色の部分と、鮮やかで明るい青色が特徴的で、まるで地球のようなブレスレットです。
この品質は通常30万円~ですがこちらも限定1個のため特価でどうぞ♪

 

スギライト相性(組み合わせ)

スギライトは、「第三の目」を開いて霊性を高め、魂と意識の進化を促す、強力なスビリチュアルストーンです。心身を浄化して負のエネルギーを取り除いて活性化し、創造力や直感力を高めます。パワフルな石なので、少し強すぎると感じるときには、アメジストやオニキス、チャロアイト、クリアクォーツなどの石と組み合わせるとよいでしょう。

 

スギライト×アゲート


家族や恋人との絆を深めネガティブさを払いたいときに

 

スギライトとアゲートの組み合わせは

人開関係の改善、落ち込みを改善し運気を高めます。成功や仕事運をもたらす組み合わせです。
アゲートは大地に根づき、そのおおらかなバワーで安定と機知を与えて行動力や勇気を促す石です。愛と寛容さをもたらすスギライトと組み合わせることにより、恋人や友人、家族との愛や絆を深め、人間関係を円満にしてくれます。機細な人、感受性が強い人、落ち込みやすい人にもおすすめです。

 

スギライト×チャロアイト

 

転機やチャンスを助け方向転換をサポート

 

スギライトとチャロアイトの組み合わせは

方向転換、感情バランス、心の解放、恐怖心の克服チャレンジをサポートする組み合わせです。 チャロアイトは、持ち主のエネルギーを浄化し、すべてのバランスを整えて保ち変化する勇気を与えてくれる石です。 スギライトの高い波動と結びつくと、霊的な洞察力を高め恐れを捨て去り物事を高い視点から捉えることで道を切り開く力を与えます。 失敗を恐れて決断できない時などにオススメです。

 

スギライト×ラリマー

 

愛とやすらぎがほしいとき新しい環境を受け入れたいときに

 

スギライトとラリマーの組み合わせは

愛と平和、苦痛や困難の軽減、調和、自然との共生をもたらす組み合わせです。 ラリマーは愛と平和を象徴し、すべてをやさしく包み込む大きな慈愛のパワーに満ちた石です。 スギライトの高い癒しの力と結びつくことで、自分のなかのネガティブな考えを取り除き、内側にしまいこんでいたトラウマや抑圧された感情をじんわりと和らげ、束縛や思い込みから解放して、新しいアイデアを投げかけます。

 

スギライト×セラフィナイト

 

霊的な気づきを高めたいときや強い癒しが必要なときに

スギライトとセラフィナイトの組み合わせは

強力な癒しとやすらぎ、安定感、感謝をもたらす組み合わせです。セラフィナイトは、熾天使(してんし)セラフイムの名にちなんだ癒しの石です。やさしく力強い波動が魂の奥深くまで届いて、自己中心的な考えや執着心を解放し、深い癒しをもたらします。愛と癒しの石、スギライトとの相乗効果で、周囲や状況に思いやりと感謝をはぐくみながら、対人関係や仕事、状況を円満で順調に運ぶよう導いてくれます。

 

スギライトの商品

スギライトブレスレット・スギライトペンダント・スギライト商品はこちら

 

 

 

 

 

最初のコメントをしよう

必須