デュモルチライト【意味・効果・浄化方法・商品まとめ】2018年版 |パワーストーン・天然石

デュモルチライト(Dumortierite)

ここの記事では話題沸騰中のデュモルチライトインクォーツ(デュモルチェ入り水晶)の意味・効果・浄化方法・相性の良い組み合わせをご紹介いたします。
デュモルチライトインクォーツの意味・効果を調べて、自分にあったパワーストーンを身に着けましょう。

英名 Dumortierite
和名 デュモルチェライト石・でゅもるちぇせき
成分 Al7(BO3)(SiO4)3O3
結晶系 斜方晶系
硬度 8~8.5
比重 3.41(通常は3.26以下)
屈折率 1.69~1.72
青色、紫青色、紫色、赤紫色、ビンク色、褐色
産地 アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラル、ノルウェー、フランス、マダガスカル、ニユージーランド、アフガニスタン、インド、ロシア、オーストラリア、スリランカ

デュモルチライト浄化

デュモルチライトは衝撃や水に対してあまり強くはありませんので注意が必要です。
月光浴やセージなどで浄化してあげてください。

太陽 月光 セージ 水晶

パワーストーン・天然石の浄化方法【まとめ10選】はこちら

デュモルチライトの意味

デュモルチライトとは?

この鉱物を発見したのはなんと古生物学者。発見者はフランスのE・デュモルティエという人です。
彼の名前にちなんで1881年に命名されました。
アルミニウムが豊富な変成岩や、時に変成岩ペグマタイトやアプライト中に産されます。
繊維状や微針状結晶の集合体として産出、稀に結晶として産出されます。
この鉱物は硼素を含むアルミニウム酸塩で、その化学組成はトルマリンをイメージさせるが、
結晶の構造はシリマナイトやアンダリュサイトの方に似ています。

デュモルチライトはアルミニウムを多量に含む為に熱に強く、温度が上昇すると1230℃でムライトに変化するが、その際の体積の変化がほとんどない為にその性質を利用して耐火材を作るのに利用されています。

青~紫~赤紫の色は桷成成分中の鉄と、結晶中に取り込まれたチタンの比率で変化するが、鉄がチタンで置き換わるほどにブルーが鮮やかになります。
その色は不透明なプルーの鉱物の中で美しいものの1つにランクされる。

宝石に使われている中でもっともよく知られるものは塊状のもので、石英や岩の中に微結晶の形で含まれている。
デュモルチライトは火山の噴気孔の中や、貫入マグマから放出された硼素に富む蒸気により変成した岩石中にも産出されます。

デュモルチライトの効果

デュモルチライトの古来伝わるパワー

デュモルチェライトは発見者であるフランス人古生物学者のエウジェネ·デュモルティエ氏にちなんで1881年に命名されました。
青色の発色原因はチタン(ルチル)です。

ルチルクォーツ【パワーストーン専門家が教える】意味・効果・浄化方法・相性|2018年版


米国アリゾナ州ユマでも産出されるデュモルチェライトはクオーツのポイントに埋め込まれた繊維状の結晶で見つかります。

多色性のデュモルチェライトをそばに置いておくと、過去世が癒され、物事の両面を見ることができます。
持ち主を魂の旅の出発点ヘ連れ戻し、永遠の自己に宿る叡智につなげます。
また、貧困の陰に潜む魂の誓約を無効にし、過去世で誰とも性的関係を持たなかったことに起因する性的な間題を解決します。
さらに、前世から引き継いだ魂の目的の中で不適切なものを捨て、魂が自ら選んだ学びに集中できるようサポートします。
今直面している困難はカルマによるものなのか、それとも魂の成長のために自ら選んだものなのかを教えてくれるといわれております。

また、過去を断ち切り、カルマに起因する依存症を克服できるよう支援します。
デュモルチェライトを使って細胞記憶のプログラムを組み直すことで、強迫観念を解消することができます。

自分の手で運命を切り拓いていけるよう応援してくれまあす。
カルマは日頃の何げない一言や行動から生じることを教えます。
さらに、過去世を癒すことでカルマの悪い波動から脱し、魂の目的に沿って生きていけるようサポートします。
あなたが高い波動と純枠な意思を持っていれば、もはやカルマが生じる余地はありません。
この穏やかな石は魂が転生を繰り返す中で得た学びや洞察を明らかにし、なぜカルマの影響を受けてきたのかを理解させてくれます。

デュモルチライトの変容のパワー

現実的なデュモルチェライトはカオスから秩序を形成します。
体の構造を整え、心のプログラムを作り変え自分という存在の本質は魂であることを再認識させます。
デュモルチェライトの助けを借りれぱ、ゆるぎない自信を持つことができます。
人間は運命の人質に非ず、自分の運命は自分で切り拓くものであることを教えてくれます。

デュモルチェライトインクォーツ

デュモルチェライトインクォーツ=ロイヤルブルーガーデンファントムとも呼ばれています。

デュモルチェライトインクォーツについて
色々な情報があるようですが、現在当店が聞いておりますのはブラジルでの原石買い付けは非常に難しいということと香港~中国には宝飾用の材料になる原石はあるということでした。

IMG_6841-700k

 

デュモルチライトインクォーツ

 

デュモルチェライトインクォーツの2面磨き原石

デュモルチェライトインクォーツ

IMG_6864-700k

デュモルチェライトインクォーツ発見当時はとても高額で取引されていました。
値段は少しは落ち着いたかと思ったのですが、 濃い色合いは、値段があまり変わっておりません。

ビーズなどになりますと、むしろ値上がりしております。
ビーズ等を製造するための材料としての原石はあるようなのですが製品に加工するための綺麗な原石ですので外見は曇っていたり、欠けていたりと様々のようです。

色は濃く綺麗なものも多いのだと思いますがそういったものは、もともとの買値や製造費が高いためかなり高価な様子でした。

デュモルチェライトインクォーツ

原石でも、濃い目のものは、最初の頃だけで 最近の流通のものはあまり濃い目が無いのですが これはおそらく濃い色合いのものを宝飾用に加工してしまうからで その他のものが原石として流通していいないようです。
初期のころは綺麗な原石も、そのまま流通していたのだと思いますが 今は加工したほうが高く売れるということで、濃い目は加工用に 流されております。

また、最初の頃に流通していたルースは、 このように裏面が原石の風合いを残していたのですが その後のルースはツルッと加工されております。

デュモルチェライトインクォーツ

デュモルチェライトインクォーツのルース

デュモルチェライトインクォーツ

流通初期のルースの裏面

デュモルチェライトインクォーツの原石

デュモルチェライトインクォーツのクラスター

こちらはブラジルから届いたもので、ポイントが無数にくっついた クラスタータイプになります。
ポイントも透明度が高く、ふさふさとしたインクリュージョンが 多数見られます。

IMG_5043-700j
 IMG_5038-700j

大地そのものと切り取ったような風合いが とても素晴らしいです。

IMG_5022-700j

このデュモルチェライトインクォーツはどのタイプも 必ずロット売りと言われるのですが このクラスターも例外ではありませんでした。
数をたくさん買わなければならないため 提案をされても躊躇してしまう金額になってしまいます。
月に5Kgしか採掘できないと言われてますが それも定かではなく、なぜ現地でロット売りにしようとするのかも 不明のままです。
このクリスタルは、ポイントタイプでポリッシュでも 綺麗な色をしていれば、7cm前後くらいで 通常70万円前後~するものもございます。

デュモルチェライトインクォーツのクラスター

デュモルチェライトインクォーツの商品

デュモルチェライトインクォーツブレスレット・デュモルチェライトインクォーツペンダント・デュモルチェライトインクォーツ商品はこちら

 

最初のコメントをしよう

必須