ガーネット【パワーストーン専門家が教える】意味・効果・浄化方法・相性|2018年版

 

ガーネットという呼び名は、14種類の鉱物の総称です。古来より「血の石」ともいわれ、戦いの守護や傷の手当に使われてきました。エネルギーを活性化するので、ここー番というときに頼れる石です。やる気が欲しいとき、愛の告白をするとき、または愛情が強すぎて制御不能に陥ったときなどは、コントロールしてくれる作用もります。
この記事ではガーネットの意味・効果・浄化方法・相性の良い組み合わせをご紹介いたします。 
ガーネットの意味・効果を調べて、自分にあったパワーストーンを身に着けましょう。

ガーネット(Cinnabar)

英名 Garnet
和名 柘榴石(ざくろいし)
成分 Fe2+3Al2(SiO4)3
結晶系 等軸晶系
硬度 7.5
比重 3.95~4.25(含まれる成分により変わる)
屈折率 2.90〜3.26
鮮赤色、朱赤色、褐赤色、褐色、黒色、灰色
産地 中国、アメリカ、メキシコ、スペイン、イタリア、チリ、ペルー、ドイツ、ロシア、セルビア、スロベニア

 

ガーネット浄化

ガーネットの浄化は基本的にどれも問題ありませんが。
ときどき日光に当てたり、水晶クラスターに載せると、さらなるパワーが充電されます。

太陽 月光 セージ 水晶

 

ガーネット石言葉

ガーネットは1月の誕生石です

癒し
気づき

パワー
守護

「情熱」「友愛」「繁栄」「実り」「真実」「忠実」「優雅」「権力」
ガーネットは1月の誕生石としても有名ですが、とてもバワフルな力を持つ石で浄化力が強く、古代では治療石として活用されていました。嫉拓や憎悪などネガティブな感情を浄化し、ポジティブに生きるよう、力を与えてくれます。また、実りの象徽でもあり、忍耐力や英気を活性化させ努力を促し、コツコツ積み上げたことを成功ヘ導いたり、恋の成就にも力を貸してくれます。試験や試合などこれまでの成果を発揮したいときや、大切な人と変わらぬ愛を願うときに使用するとよいです。

 

ガーネットの意味

ガーネットとは?

ガーネットは1月の誕生石として有名です。
名前の由来はラテン語の「grnatum(ザクロ)」で、ザクロの実の粒に似ていることから名づけられました。
和名で「柘榴(ザクロ)石」と呼ばれるように、熟したザクロを思わせる色合いの結晶です。

pomegranate
pomegranate / coniferconifer

多産・情熱・神の神秘を象微するザクロと同様、ガーネットも実りを象微し、神の神秘と再生のパワーをつかさどり、勝利を導くと信じられてきました。
古代エジプトやローマ時代には、この石の力をより引き出すために、特別な彫刻をほどこし、屋符や装飾品にしたようてす。ユダヤ教では、「真理の道を照らす石」といわれ、大司祭の胸当てや護符として用いられました。

ガーネットの色

ガーネットは14種類ある鉱物グループの総称で

Image from page 150 of
Image from page 150 of “Birds and nature” (1900) / Internet Archive Book Images

「アルマンディンガーネット」という深紅色をしたもの「パイロープガーネット」という血赤色のものが、よく知られています。その他にも、オレンジ色や緑色を含む「グロッシュラーガーネット」や、バラ色の「ロードライトガーネット」など、さまざまな色があります。

ロードライトガーネット オレンジガーネット グリーンガーネット

一般的に知られているのは深紅の「アルマンディンガーネット」です。出血やけがに効果があるとして、古代から用いられてきました。西洋では友情の証として交換する風習もありました。
「アルマンディンガーネット」の赤は原初の赤であり粘り気と人肌のぬるい熱を感じる人も少なくないでしょう。

赤を代表するガーネットには危険を察知し、持ち主に知らせるという伝説があります。
これは自然発色のレッドカラーならではの特殊な能力として考えられています。
赤の波動をうまく活用できれば強力な守護石となるでしょう。
ガーネットにはさまざまな色彩があリますが、赤以外のガーネットも、そのオーラには強い弾力があり、質感は堅固で重みがあり、強い主張をするというのが共通の特徴です。

またガーネットは、「情熱の石」とも呼ばれ愛を継続させるパワーを秘めています。
愛する人との絆を永遠にしたいときは、アクセサリーとして、肌身離さず身につけると効果を発揮するでしょう。
思いを寄せる人の心を惹きつけて、恋を成就させたいときは、右手にするのがおすすめです。

 

ガーネット効果

ガーネットの古来から伝わるパワー

ガーネットという名前は小粒を意味するラテン語のgranumに由来します。
しかし、1885年にはなんと重さ4,5kg、長さ15cmもあるガーネットがニューヨークのメーシーズ百貨店近くの工事現場から発掘されています。

いろんな色と形を持つガーネットにはさまざまな顔があります。

魔法の石といわれるガーネットの歴史は古代にまで遡ります。
ユダヤ教の律法集タルムードにはノアの方舟を照らしたのは1個のガーネットであったと記録されています。

Domenico Morelli Noahs Dankgebet.jpg
By ドメニコ・モレッリDorotheum, パブリック・ドメイン, Link

また、古代では蛇は額の中に埋め込まれた古代によって導かれていると信じられていました。
さらに、十字軍の兵士は遠征の際にお守りとして身につけたといわれます。
インドでは真っ赤なガーネツトは殺傷力が強いため弾丸として用いられてきました。

昔は夢にガーネットが出てくると演技が良いとされていましたが、これはガーネットが富貴をもたらすと信じられていたからです。
しかしそのー方で、浪費をいましめ堅実な生活を約束するとも考えられていました。
ビクトリア時代の未亡人は貞節を象微するガーネットを身につけて亡き夫ヘの変らぬ愛を示したといわれいます。
さらに、それより数世紀前からガーネットを死者とともに埋葬する習慣があったようです。
現代の宝石用語では忠誠、変わらぬ愛、気品を暗示し、勝利をもたらす石とされています。
また、大天使ザドキエル、ミカエルに関連づけられるこの石は座天使とつながっています。

ガーネットの変容のパワー

ガーネットを身につけるとパートナーヘの貞節を守り自分に正直に生きることができます。
古代、磨いて丸くなった赤いガーネットはカーバンクルと呼ばれ、心の奥底にある否定的な感情を取り除いてくれるといわれていました。ガーネットの助けを借りれば、心の痛み、恨み、不周などを取り除き、幸せを手にすることができるといわれております。
また、自分で自分の成長を邪魔していることや知らず知らずのうちに変化を拒んでいるという現実に気づかせ、自己主張する勇気と自己変革に必要なスタミナを与えてくれます。
ガーネットの助けを借りれば、魂の目的に沿った人生を歩んでいくことができます
※ルビーのエネルギーは刺激が強すぎる人にはガーネツトがおすすめです。

 

ガーネット相性(組み合わせ)

ガーネットは強力なエネルギーを放つ個性の強い石です。
ソフトなエネルギーを持つ石との組み合わせがおすすめです。
反射に同じ赤色の石との組み合わせは情熱と精力を増加させます。ガーネットはソフトで調和性のある石と組み合わせると生き生きと活力を増します。サンストーンやラピスラズリなど、個性の強い石と組み合わせると、互いのエネルギーが相殺されて損なわれることもあるので、注意してください。同じ赤の石との組み合わせは情熱や精力を強め、強化します。プルー系の石と合わせると表現が開花し赤系の石では情熱や性愛運を高めます。

ガーネットの組み合わせについてもっと詳しく読む

ガーネット×セレスタイト

動と静のコンビで適応能力を伸ばす


ガーネットとセレスタイトの組み合わせは
重厚で守りの堅いエネルギーを発するガーネットと、静かで安らぎを提供するセレスタイトは、動と静の組み合わせです。感性の幅が広くなる作用もあり、環境に慣れにくい人、鈍感な人、感情を表に出せないへ人、精神的なブロックの強い人の瞑想やヒーリングに適し、自分のぺースで徐々に適み応能力をつけていくことができます。

セレスタイト【パワーストーン専門家が教える】意味・効果・浄化方法・相性|2018年版
セレスタイトは、壁開性と呼ばれる容易に割れてしまう性質を持っておりましてとても割れやすく、もろい鉱物です。 イタリアのシチリア島で発見され独特の色目から「空の色の石」という意味の「セレスタイト」と名づけられました。 大空の青という意味から名づけられたセレスタイトは、なんとも言えない美しい石です。壊れやすいものというのは、実に魅力的なものですが、儚

 

ガーネット×ロードナイト

情熱を高め濃厚な愛を楽しめる


ガーネットとロードナイトの組み合わせは
濃厚で豊潤な愛を育成する組み合わせです。情愛の深さをあらわすガーネットと、無償の愛をあらわすロードナイトは、愛し合う恋人同士や強い絆の家族に、結束と勇気と愛を与えます。情愛を深めたい人、奉仕精神を高めたい人愛する力を強めたい人、温厚な恋愛を楽しみたい人に適しています。

 

ガーネット×ジェダイト

精神力を高めて人徳を授け人生に繁栄をもたらす

ガーネットとジェダイトの組み合わせは
ネガティブなエネルギーから守り、浄化し、愛と繁栄をもたらす組み合わせです。ジェダイトは慈悲の精神をはぐくみ、精神力を高てくれる力を持っています。ガーネットの忍耐力や英気と結びつくことで、人徳を高め成功やカリスマ性をもたらします。新しい事業や計面をしているとき、夢に向けての行力とビジョンが必要なときに、達成の道ヘ向かうサポートをしてくれるでしょう。

翡翠(ひすい)【意味・効果まとめ】鉱物図鑑2018年版 |パワーストーン・天然石
翡翠(Jadeite) 英名 Jadeite 和名 翡翠輝石(ひすいきせき) ヒスイ輝石 成分 NaAl[Si2O6] 結晶系 単斜晶系 硬度 6.5~7 比重 3.25~3.36 屈折率 1.65~1.66 色 黒無色、白色、(濃淡)緑色、

 

ガーネットのアクセサリー

ロードライトガーネットのブレスレット

以前一度だけご紹介させていただいたのですが、大変な人気で、ガーネットファンを陶酔させたものです♪
このガーネットは大変貴重な色あいで、なかなか入荷できないものです。

しかもこの手の色合いの多くは「アルマンディンガーネット」になってしまうことが多いのですが、こちらはロードライトガーネットで鑑別を取得しています。
このパープルカラーのガーネットは近年アフリカで採掘されたもので、宝石として販売されているものです。

ロードライトガーネットのブレスについてもっと詳しく読む
宝石としてはグレープガーネットと呼ばれていますが、この名前は商標登録されておりますので、その名前は使えないことになっています。
一見、赤みの強いアメジストの様な印象を受けますが、れっきとしたガーネットになります。
ロードライトガーネットは本来、アルマンディンとパイロープの中間で、中間的なガーネットです。

ガーネットには様々なカラーバリエーションがございまして、その名称は成分で決まります。

今、巷にあふれるロードライトガーネットのブレスレットはアルマンディンガーネットになってしまうことが多いのですが、こんな風にロードライトガーネットであがることは稀です。

このガーネットはタイミングよく見つけることができればご紹介できますが、通常常に入荷するものではございませんので、どうぞご検討ください☆

アルマンディンガーネットのブレスレット

そしてこちら!
こちらは深い紫色が特徴のアルマンディンガーネットです。

定番のガーネットの最高峰が欲しい!という方にはとてもおすすめで、深い深いディープパープルが美しいものです。

アルマンディンガーネットのブレスについてもっと詳しく読む
この石は光を当てると中から色をゆらゆら放出しているように見えるのですが、そのためなのかどの伝説においても「ガーネットの光に照らされた」あるいは「ガーネットの光に導かれた」などとあります。

ランクの高いものはこのように透明感があって、清潔な美しさがあります。
ガーネットの色の豊富さといったら、トルマリンに匹敵しますが、なんとも魅力的で飽きないクリスタルです。


グリーンガーネットのブレスレット

 

こちらはグリーンガーネット(グリーングロッシュラーガーネット)のブレスレットです

このガーネットは以前は結構ご紹介できたのですが、最近ではめっきり見かけなくなりました。
しかもこんな風にキレイなものは稀で、大体、曇っていて色が暗いのが特徴です。
グリーンカラーのガーネットはどこまでも清々しく、爽やかで、それでいてガーネット特有の重量感があります。

グリーンガーネットのブレスについてもっと詳しく読む
ガーネットは他の石に比べてズシッとした重さがあります。他の石と比べるには、これが比較的役に立ちます。

ツァボライトガーネット

お次はこちらの本物のツァボライトガーネットのブレスレットです。
これはすごいことです☆

ツァボライトガーネットとは宝石として流通しているのが普通で、特別なガーネットです。

ツァボライトガーネットのブレスについてもっと詳しく読む
グリーングロッシュラーガーネットの中でも、クロムや鉄、バナジウムが入ったグリーンのガーネットのみを特別にツァボライトと呼ぶのです。

ですから、ほら。

光にあてるとこんなに蛍光発色するものなのです。

 

 


現在、ガーネットの王様と呼ばれております
デマントイトガーネットの次に貴重と言われておりますのが、このツァボライトガーネットなのです。 


ガーネットファンなら誰もが知っていて、垂涎の的でもありますこの美しい緑色のガーネットは、正式名称は、宝石名グリーングロッシュラーガーネット・別名ツァボライトです。
アフリカのケニアにあります世界最大級の自然公園「ツァボ国立公園」で最初に発見され、当時のティファニー社によりその名が付けられました。
その後、タンザニアでも産出されましたが、この二ヶ所の共通点は、バナジウムが混入していることで、この緑色の発色原因の1つとなっています。
上質で最高品質のツァボライトは、透明度が高く色の濃い明るいタイプで、そのクラスになりますと、最高級のエメラルドに匹敵します。
1968年と比較的新しい産出なのですが人気が高く、明るさのある色の濃い良質なものが希少な為、価格も年々上昇しており、入手困難なガーネットの1つです。

そんな貴重な宝石をブレスレットにしてしまったのがこちらで、このようにツァボライトとして鑑別があがることは大変稀です。 

色の濃淡につきましては、個人の好みや民族の違いによって分かれますが、価値の高いものは、先にも述べました様に、明るい濃い色で透明度が高いものが最上級と言われております。
これがもっと淡く薄くなりますと、ミントグリーンガーネットとなりまして、別物として扱われることになりますが、こちらのブレスレットをそれをパスしたものですのでとても貴重です。 
このブレスレットは随分前の原石を使用したもののため、今後の入荷はかなり難しいものです。
そのため、今後の製造は出来ないもので、もしも出来ても価格は跳ね上がります。

今やツァボライトはガーネットの中でも破格に高くなってきておりますので、もうこの価格では製造できないと思いますm(__)m

ガーネットの商品

▼ガーネットブレスレット・ガーネットペンダント・ガーネット商品はこちら▼

 

 

 

ガーネットに興味がある人はこんなストーンにも興味があります。

ラブラドライトの詳しい説明や浄化方法・意味・効果はこちらの記事をご覧ください。

ラブラドライト【意味・効果・ブレスまとめ】2018年版 鉱物図鑑 |パワーストーン・天然石
ラブラドライトは光の当たり方や角度により、ピンク色や青色、黄色などさまざまな色彩の輝き(ラブラドレツセンス)を放ちます。鉱物分類上、ムーンストーンなどと同じ長石のー種です。 また、全てのチャクラに対応し、オーラバランスを整えてくれます。 ラブラドライトの意味・効果・浄化方法・相性の良い組み合わせをご紹介いたします。 ラブラドライトの意味・効

アクアマリンの詳しい説明や浄化方法・意味・効果はこちらの記事をご覧ください。

アクアマリン【意味・効果・浄化方法・相性】2018年版 |パワーストーン・天然石
アクアマリン(Aquamarine) 英名 Aquamarine 和名 監柱石(らんちゅうせき)・黛玉(らんぎよく)・緑柱石(りょくちゅうせき) 成分 Al2Be3 結晶系 六方晶系 硬度 7.5~8 比重 2. 63~2. 83 屈折率 1.57~1.58.1.58~1.59 色 淡淡の青色で、ほとんど無

アメジストの詳しい説明や浄化方法・意味・効果はこちらの記事をご覧ください。

アメジスト【パワーストーン専門家が教える】意味・効果・浄化方法・相性|2018年版
アメジストは古くから宗教儀式などでも使用されてきました。 産地によって色や原石の形状が異なるので、多様性があり、とても人気が高い石です。 2月の誕生石の一つに数えられ強いヒーリングパワーと癒しの力を持つ石として有名です。 こちらではアメジストの意味・効果・浄化方法・相性の良い組み合わせをご紹介いたします。 アメジストの意味・効果を調べて、自分にあ

ローズクォーツの詳しい説明や浄化方法・意味・効果はこちらの記事をご覧ください。

ローズクォーツ【意味・効果・浄化方法・相性】2018年版 |パワーストーン・天然石
ローズクォーツは心を開き、愛を引き寄せる愛の石の代表格といわれるローズクォーツ。誰に対しても心を開き、共感できるように促します。やさしい波動を持つ石で、女性らしさや慈愛の心を育みます。老若男女を問わず愛情が湧いてくる関係性を引き寄せるとされているため、温かい人間関係を築く手助けをしてくれるでしょう。また失恋や人間関係から生じた感情の痛みを癒す作用があり、

サンストーンの詳しい説明や浄化方法・意味・効果はこちらの記事をご覧ください。

サンストーン【パワーストーン専門家が教える】意味・効果・浄化方法・相性|2018年版
古来よりサンストーンは、太陽を象微する石の1つとされ、希望と自信をはぐくむといわれています。 こちらの記事ではサンストーンの意味・効果・浄化方法・相性の良い組み合わせ・そして本物のサンストーンの見分け方をご紹介いたします。 サンストーンは能力以上の自分を引き出すことができるといわれております。 サンストーンの意味・効果を調べて、自分にあったパワー

最初のコメントをしよう

必須